目の疲れに効くツボ 手軽に押せるツボ

目の疲れに効くツボを押して老眼防止|効果的な3つのツボ

ツボ押しは筋肉の血行を良くして、疲れを取ることができます。
目の疲れに効くツボはもちろん目の周辺に密集しています。
その中でも効果が大きいと言われているのが3つのツボ
睛明(せいめい)、客主人(きゃくしゅじん)、風池(ふうち)
です。

 

睛明(せいめい)

 

目が疲れてくると、自然と目頭の内側をつまんでいること
がありませんか。実は、そこには睛明(せいめい)というツボ
があります。人間は不思議なもので意識していなくても、
目が疲れてくるとツボ押しをしていたのです。

 

 

目頭の内側と鼻が重なる、へこんだ部分を人差し指と
親指でつまむようにして1分程度優しく押してください。

 

 

目の奥のほうに押し込むのではなく、鼻の根元を指ではさむ
ような感じで押します。
ツボを押しながら目を強くぶったり、眼を上下左右に動かすと
眼に色々な刺激が与えられ効果が上がります。

 

 

客主人(きゃくしゅじん)

 

目が疲れ、目の奥が痛くなったときにこめかみ付近を

押していることがありませんか?ここにも目の疲れに
効くツボがあります。

 

 

左右両側の目じりともみ上げの真中を、人差し指の
上に中指を置いて押します。
人差し指だけで押すと滑って目に入ってしまう危険性が
あるので、中指を重ねて固定します。

 

 

押し方は、優しくゆっくり円を描くように押してください。目に
近いので力を入れたり、反動をつけて押さないように注意
してください。

 

 

風池(ふうち)

 

風池は目の疲れに効くだけではなく、肩こりや頭痛の

解消にも役立ちます。また、後頭部にあるので脳の
活性化も期待できます。

 

 

耳たぶの後にある骨の先端と襟足を直線で結び、その
中央にある凹んだ部分にあります。
この部分を親指で息を吐きながら約10秒押します。
親指以外の指は頭を包み込むように添えると安定します。

 

 

押すときは、ジワーッと指圧しても良いのですが、指全体
をゆすって、軽く振動をあたえるようにすると、ツボに力が
伝わりやすくなります。

 

 

初めはツボの正確な位置が分かりにくいかもしれませんが
押したときに痛いけど気持ちいいと感じるところ
を押せば効果があるので、ツボの正確な位置はそれほど
気にしなくても大丈夫です。

 

 

ブルーベリーサプリで疲れ目を目の内側からケア。