目の疲れないパソコンの設定

老眼の原因になる目の疲れはパソコンの設定を変えると減少します

目が乾くと目が疲れやすくなります。

パソコンに集中してしまうとまばたきの回数が減ります。
通常は1分間に20回程度のまばたきをしていますが、
それが3,4回に減ってしまうことがあります。

 

 

まばたきが減れば、涙がどんどん蒸発して目が乾きます。
目の乾きはパソコンモニターの位置を変えることで減らす
ことが出来ます。

 

 

モニターが見上げるような位置にあると、目が見開いた
状態になり、涙がどんどん蒸発してしまいます。
モニターを見下ろすような位置にすると、まぶたの開きが
少なくなり、涙の蒸発を防ぐことが出来ます。

 

 

モニターの明るい光は目の負担になってしまいます。

モニターの明るさを控えめにするとこで目の負担を減らす
ことが出来ます。目安は、手元と同じくらいの明るさです。

 

 

目とモニターの位置が近いことも目の負担になります。

モニターは目から40センチ以上は離れた位置に置いて
ください。

 

 

モニターに光が映りこむと目の負担になります。

モニターに部屋の照明や太陽の光が映りこんでいると
見づらくなり、目に余計な力が入り疲れてしまいます。
モニターの向きを変えたり、カーテンやブランインドを
閉めて、映り込みを減らしてください。

 

 

オフィスの中などで、でどうしても対処できないときは
映り込みを防ぐ保護フィルムなどが売っていますので
利用してみてください。

 

 

目に溜まった疲れにはブルーベリーサプリメントが有効です。